効果のある美顔器選び
効果のある美顔器選び
home
美顔器の選び方
美顔器診断
おすすめ美顔器
美顔器クチコミ
home
美顔器の選び方
美顔器診断
おすすめ美顔器
美顔器クチコミ

 

コスメが必要な美顔器の種類
と美顔器のランニングコスト

 

コスメが必要な美顔器の種類と美顔器のランニングコスト

美顔器は本体以外にカートリッジ、コスメが必要なランニングコストがかかる
タイプと本体のみでケアできるタイプの2種類があります。
ジェルを必要とする超音波美顔器は、超音波の性質上、水を通さないと肌の奥に
超音波が届かないので必要不可欠です。イオン導入器は、美容成分を浸透させるための機器であり普通に塗布する以上に肌への浸透率を30倍〜100倍以上に浸透率を高めるという効果があります。美容液を使用しないイオン導入の存在価値はありません。
ポレーション美顔器も同じく美容液が必須で無ければ意味のない美顔器になってしまいます。そして、光美顔器は本体に付けてケアするカートリッジが必須です。
光を照射するものはだいたいがカートリッジが必要になってきます。
それがメリットなのかデメリットに思えるかは個人の考え方にもよりますが
逆にメリットもあります。
 

 美顔器は本体以外にカートリッジ、コスメが必要なランニングコストがかかるタイプと本体のみでケアできるタイプの2種類があります。ジェルを必要とする超音波美顔器は、超音波の性質上、水を通さないと肌の奥に超音波が届かないので必要不可欠です。イオン導入器は、美容成分を浸透させるための機器であり普通に塗布する以上に肌への浸透率を30倍〜100倍以上に浸透率を高めるという効果があります。美容液を使用しないイオン導入の存在価値はありません。
ポレーション美顔器も同じく美容液が必須で無ければ意味のない美顔器になってしまいます。そして、光美顔器は本体に付けてケアするカートリッジが必須です。光を照射するものはだいたいがカートリッジが必要になってきます。それがメリットなのかデメリットに思えるかは個人の考え方にもよりますが逆にメリットもあります。
 

ランニングコストのかかる美顔器


 

・超音波美顔器
・イオン導入器
・エレクトロポレーション美顔器
・光美顔器

 
 

超音波美顔器



<本体以外にコストがかかるもの>
超音波用ジェル、イオン導入用美容液
 
<超音波美顔器がコスメを必要とする理由>
超音波美顔器は、超音波を肌の深層部へ届けてを使用しますが水を通すことで超音波を肌に届けることが可能になります。しかし、水では肌から流れてしまうため水をとどめることができないので、超音波がうまく伝わりません。そこで、水に粘度のあるジェルが最も適切なのです。
また、ジェルは肌の上で美顔器をすべりやすくしてくれますのでお肌を傷付けずに済みます。またイオン導入も機能に加わっているためイオン用の美容液も必須です。イオン用の美容液については以下で説明します。
 
<使用するメリット>
主にクレンジングやマッサージ効果がありますが、ジェルに美容成分が含まれている場合は、リフトアップと一緒に肌にも美容成分を浸透させる効果があります。肌のいい状態を維持しながら潤い、ハリを出してリフトアップできるのでローラー美顔器よりも持続性がありますし美肌効果もあります。

 
 

イオン導入器



<本体以外にコストがかかるもの>
イオン導入用美容液(分子の小さい成分、水溶性)
 
<イオン導入美顔器がコスメを必要とする理由>
イオン導入とは、肌の奥まで浸透しない分子の小さい成分をイオンの力によって肌へと浸透させるものです。イオン導入には、主に美容液を使用します。
美容液の分子の小さい成分は、主にビタミンC、プラセンタなどです。
コラーゲンなどの大きな分子のものや油性のものは、イオン導入できないので選び方には注意が必要です。普段使用する美容液が分子量の小さいものであればイオン導入器を取り入れて効果をアップさせることが可能な美顔器です。
 
<使用するメリット>
普段のケアの浸透率は2%ほどしかありませんが針のない注射とも言われるほどイオン導入には浸透力を30倍以上にもアップさせる効果があります。
普段使用する美容液の効果をアップさせられるので高い美容液を買って塗るよりも返ってコスパが上がるほどの効果を得られます。

 
 

エレクトロポレーション美顔器



<本体以外にコストがかかるもの>
美容液(成分を選ばない)
 
<エレクトロポレーション美顔器がコスメを必要とする理由>
エレクトロポレーション美顔器とは、イオン導入できなかった高分子の美容成分も浸透させることができます。しかも水溶性、油溶性も選びません。
イオン導入では主にビタミンC、プラセンタなどが導入できましたがエレクトロポレーション美顔器ではコラーゲン、ヒアルロン酸なども導入できるのでより美容液を効果的に活用できる美顔器です。ポレーション美顔器は美容液を浸透させる美顔器と言ってもいいので美容液は必須になります。
 
<使用するメリット>
普段のケアの浸透率は2%ほどしかありませんがイオン導入同様に浸透率を何倍以上にもアップさせる効果があります。その機能はイオン導入以上とも言われており普段使用する美容液の浸透効果をアップさせられるので美容液の効果をより上げることができます。普段の美容液を使用すればよい。

 
 

光(IPL・LED)導入器



<本体以外にコストがかかるもの>
カートリッジ
 
<光美顔器がカートリッジを必要とする理由>
光美顔器とは、レーザー以外のIPL(フラッシュ)、LED美顔器のことを指します。光を照射してケアするため何度も使用すると光のバッテリーが消耗します。カートリッジは消耗品で使用分が決まっているため交換が必要になります。その分、レーザー美顔器はカートリッジは必要なく電池のバッテリーが消耗するまで使い続けることが可能です。
 
<使用するメリット>
レーザーはランニングコストはかからない分コスパはいいがその分、痛みのある美顔器なので痛みに弱い人は光美顔器が向いている。効果の早さで言えば多少、遅いかもしれないが同じようなレベルの高い効果を望めます。

 

ランニングコストのかかる美顔器


 

・超音波美顔器
・イオン導入器
・エレクトロポレーション美顔器
・光美顔器

 
 

超音波美顔器



<本体以外にコストがかかるもの>
超音波用ジェル、イオン導入用美容液
 
<超音波美顔器がコスメを必要とする理由>
超音波美顔器は、超音波を肌の深層部へ届けてを使用しますが水を通すことで超音波を肌に届けることが可能になります。しかし、水では肌から流れてしまうため水をとどめることができないので、超音波がうまく伝わりません。そこで、水に粘度のあるジェルが最も適切なのです。また、ジェルは肌の上で美顔器をすべりやすくしてくれますのでお肌を傷付けずに済みます。またイオン導入も機能に加わっているためイオン用の美容液も必須です。イオン用の美容液については以下で説明します。
 
<使用するメリット>
主にクレンジングやマッサージ効果がありますが、ジェルに美容成分が含まれている場合は、リフトアップと一緒に肌にも美容成分を浸透させる効果があります。肌のいい状態を維持しながら潤い、ハリを出してリフトアップできるのでローラー美顔器よりも持続性がありますし美肌効果もあります。

 
 

イオン導入器



<本体以外にコストがかかるもの>
イオン導入用美容液(分子の小さい成分、水溶性)
 
<イオン導入器がコスメを必要とする理由>
イオン導入とは、肌の奥まで浸透しない分子の小さい成分をイオンの力によって肌へと浸透させるものです。イオン導入には、主に美容液を使用します。美容液の分子の小さい成分は、主にビタミンC、プラセンタなどです。コラーゲンなどの大きな分子のものや油性のものは、イオン導入できないので選び方には注意が必要です。普段使用する美容液が分子量の小さいものであればイオン導入器を取り入れて効果をアップさせることが可能な美顔器です。
 
<使用するメリット>
普段のケアの浸透率は2%ほどしかありませんが針のない注射とも言われるほどイオン導入には浸透力を30倍以上にもアップさせる効果があります。普段使用する美容液の効果をアップさせられるので高い美容液を買って塗るよりも返ってコスパが上がるほどの効果を得られます。

 
 

エレクトロポレーション美顔器



<本体以外にコストがかかるもの>
美容液(成分を選ばない)
 
<エレクトロポレーション美顔器がコスメを必要とする理由>
エレクトロポレーション美顔器とは、イオン導入できなかった高分子の美容成分も浸透させることができます。しかも水溶性、油溶性も選びません。イオン導入では主にビタミンC、プラセンタなどが導入できましたがエレクトロポレーション美顔器ではコラーゲン、ヒアルロン酸なども導入できるのでより美容液を効果的に活用できる美顔器です。ポレーション美顔器は美容液を浸透させる美顔器と言ってもいいので美容液は必須になります。
 
<使用するメリット>
普段のケアの浸透率は2%ほどしかありませんがイオン導入同様に浸透率を何倍以上にもアップさせる効果があります。その機能はイオン導入以上とも言われており普段使用する美容液の浸透効果をアップさせられるので美容液の効果をより上げることができます。普段の美容液を使用すればよい。

 
 

光(IPL・LED)導入器



<本体以外にコストがかかるもの>
カートリッジ
 
<光(IPL・ LED)美顔器がカートリッジを必要とする理由>
光美顔器とは、レーザー以外のIPL(フラッシュ)、LED美顔器のことを指します。光を照射してケアするため何度も使用すると光のバッテリーが消耗します。カートリッジは消耗品で使用分が決まっているため交換が必要になります。その分、レーザー美顔器はカートリッジは必要なく電池のバッテリーが消耗するまで使い続けることが可能です。
 
<使用するメリット>
レーザーはランニングコストはかからない分コスパはいいがその分、痛みのある美顔器なので痛みに弱い人は光美顔器が向いている。効果の早さで言えば多少、遅いかもしれないが同じようなレベルの高い効果を望めます。

 
 

 
美顔器のランニングコストってどのくらいかかる?


 
せっかく高いお金を出して買った美顔器だけど、コスメが必要でランニングコストがかかると使い続けることで永遠にお金もかかることになりますが、それがネックになって購入できないという方がいます。ジェルを使用する超音波美顔器ですがジェル代は1本平均3000円ほどで購入できます。
 
美顔器のケアは週に2〜3回ほどが適切ですが1日に1回、これ以上は、むしろ使用すると悪影響も出ますのでこのくらいのケアしかできません。ですのでジェルは、1本かなり入っていますので2ヶ月ほどは持ちます。超音波ジェルに美容成分が含まれていれば美容液、化粧水の代わりにもなります。
イオン導入の美容液はビタミンC誘導体、プラセンタが主になりますが1000円以下のものから10000円くらいまでピンキリです。安いものは効果が低いというわけでもありません。
成分の濃度や品質にどのようなものが使用されているかが重要です。エレクトロポレーションの場合は美容液の種類はどんなものでもOKです。
 
超音波美顔器やポレーション美顔器は、美容液、ジェルを使用してのケアになりますので結局のところ普段の化粧水、乳液のケアに美容液を使用している方はあまり変わりません。普段の美容液として置換えればいいわけです。
あまり効果を感じられなかった高いブランド美容液とは、おさらばして効率よく効果を出せるイオン導入を利用すれば、それほど高価でもないビタミンC誘導体、プラセンタなどでむしろ、美肌効果を感じることができるでしょう。
超音波ジェルもいいものであれば、3日か2日に1度でスキンケアの効果もアップします。したがって美容液の価格を押さえながら高い効果を出せるので高コスパになっていきます。ただし、使用するコスメは選び方に注意が必要になってきます。
⇒美顔器のコスメの選び方
 
光美顔器に関してはカートリッジは機種によって3000円〜10,000円の間で購入しなければいけません。それが何回まで使用可能かはそれぞれ異なります。
高い美容液と比較すれば同じようなものにもなりますがどうしてもネックなる場合は、痛みに強い人はレーザー美顔器に頼るしかありません。
 
そして、何よりも美顔器ケアを行うこと自体、自分へのスペシャルケアですので高い美容液を購入することやエステに通うことと変わりないのです。
自宅で簡単に楽しておこなえるスペシャルケアが美顔器なのですからエステなどに通うことを考えれば、ジェルや美容液のランニングコストなど到底及びません。低価格で自分のお好みの時間でケアできるというメリットもあります。
そういったメリットを考えると、美顔器に使用するコスメのランニングコストは、そこまでネックになる必要がありません。
 

 
美顔器にかかるランニングコスは?


 
せっかく高いお金を出して買った美顔器だけど、コスメが必要でランニングコストがかかると使い続けることで永遠にお金もかかることになりますが、それがネックになって購入できないという方がいます。
ジェルを使用する超音波美顔器ですがジェル代は1本平均3000円ほどで購入できます。美顔器のケアは週に2〜3回ほどが適切ですが1日に1回、これ以上は、むしろ使用すると悪影響も出ますのでこのくらいのケアしかできません。ですのでジェルは、1本かなり入っていますので2ヶ月ほどは持ちます。超音波ジェルに美容成分が含まれていれば美容液、化粧水の代わりにもなります。
イオン導入の美容液はビタミンC誘導体、プラセンタが主になりますが1000円以下のものから10000円くらいまでピンキリです。安いものは効果が低いというわけでもありません。成分の濃度や品質にどのようなものが使用されているかが重要です。エレクトロポレーションの場合は美容液の種類はどんなものでもOKです。
 
超音波美顔器やポレーション美顔器は、美容液、ジェルを使用してのケアになりますので結局のところ普段の化粧水、乳液のケアに美容液を使用している方はあまり変わりません。普段の美容液として置換えればいいわけです。あまり効果を感じられなかった高いブランド美容液とは、おさらばして効率よく効果を出せるイオン導入を利用すれば、それほど高価でもないビタミンC誘導体、プラセンタなどでむしろ、美肌効果を感じることができるでしょう。超音波ジェルもいいものであれば、3日か2日に1度でスキンケアの効果もアップします。したがって美容液の価格を押さえながら高い効果を出せるので高コスパになっていきます。ただし、使用するコスメは選び方に注意が必要になってきます。
⇒美顔器のコスメの選び方
 
光美顔器に関してはカートリッジは機種によって3000円〜10,000円の間で購入しなければいけません。それが何回まで使用可能かはそれぞれ異なります。高い美容液と比較すれば同じようなものにもなりますがどうしてもネックなる場合は、痛みに強い人はレーザー美顔器に頼るしかありません。
 
そして、何よりも美顔器ケアを行うこと自体、自分へのスペシャルケアですので高い美容液を購入することやエステに通うことと変わりないのです。自宅で簡単に楽しておこなえるスペシャルケアが美顔器なのですからエステなどに通うことを考えれば、ジェルや美容液のランニングコストなど到底及びません。
低価格で自分のお好みの時間でケアできるというメリットもあります。そういったメリットを考えると、美顔器に使用するコスメのランニングコストは、そこまでネックになる必要がありません。