効果のある美顔器選び
効果のある美顔器選び
home
美顔器の選び方
美顔器比較
美顔器診断
美顔器クチコミ
home
美顔器の選び方
美顔器比較
美顔器診断
美顔器クチコミ
美顔器体験談

 

エレクトロポレーション美顔器
の美容液の選び方

 
 

エレクトロポレーション美顔器の美容液の選び方

エレクトロポレーションとは、美容液を肌へ浸透させ美肌へ導く方法です。普段のスキンケアの浸透率はわずか2%ほどですが、イオン導入で浸透させるとその20〜100倍以上にも浸透率が上がります。イオン導入は真皮にまで届けますがエレクトロポレーションを使用すると皮下組織にまで浸透可能です。イオン導入の6〜20倍の浸透率に上がります。イオン導入に匹敵する、もしくはそれ以上の浸透効果を期待できる美顔器なのです。また、イオン導入は水溶性の低分子の成分に限られますがエレクトロポレーションの場合、油溶性、高分子でも浸透させることができます。
どの成分でも浸透させてしまうため、逆に肌へ悪影響を及ぼす成分までも浸透してしまう可能性があるため、美容液選びはイオン導入以上に慎重に行わなければなりません。効果がない、肌が荒れたと感じた方は、選び方、使い方を間違っていることがほとんどです。

正しい選び方し正しい使い方をして美肌を目指しましょう!

エレクトロポレーションとは、美容液を肌へ浸透させ美肌へ導く方法です。普段のスキンケアの浸透率はわずか2%ほどですが、イオン導入で浸透させるとその20〜100倍以上にも浸透率が上がります。イオン導入は真皮にまで届けますがエレクトロポレーションを使用すると皮下組織にまで浸透可能です。イオン導入の6〜20倍の浸透率に上がります。イオン導入に匹敵する、もしくはそれ以上の浸透効果を期待できる美顔器なのです。また、イオン導入は水溶性の低分子の成分に限られますがエレクトロポレーションの場合、油溶性、高分子でも浸透させることができます。

どの成分でも浸透させてしまうため、逆に肌へ悪影響を及ぼす成分までも浸透してしまう可能性があるため、美容液選びはイオン導入以上に慎重に行わなければなりません。効果がない、肌が荒れたと感じた方は、選び方、使い方を間違っていることがほとんどです。
正しい選び方し正しい使い方をして美肌を目指しましょう!

エレクトロポレーションの効果と仕組みって?


 
エレクトロポレーション:電気穿孔法を応用した美容法で特殊な電気パルスで皮膚に空洞(穴)を作り美容成分を肌深部まで浸透させることが可能です。
 
イオン導入同様に美容液の浸透効果により悩みを改善していきます。
イオン導入は、水に溶けるとマイナスに帯電するイオン化された成分のみ(ビタミンC誘導体など)が導入可能ですがエレクトロポレーションは、皮膚に空洞を作りダイレクトに成分を届けるためイオン導入のように導入成分が限定されません。イオン導入できなかったコラーゲンやヒアルロン酸なども導入できるため、悩みへの改善の肌も広がります。しかもイオン導入の6〜20倍以上の浸透効果があります。
皮膚に特殊な電気パルスを与えると、皮膚内部の様々なバリア機能に隙間ができて成分の通り道(空洞)が出来ます。有効成分は、皮下組織へ浸透し細胞にも浸透していきます。針を使わずに、有効成分を皮下組織へと浸透させることができます。

エレクトロポレーションの仕組み

エレクトロポレーションの
    効果と仕組みって?


 
エレクトロポレーション:電気穿孔法を応用した美容法で特殊な電気パルスで皮膚に空洞(穴)を作り美容成分を肌深部まで浸透させることが可能です。
 
イオン導入同様に美容液の浸透効果により悩みを改善していきます。
イオン導入は、水に溶けるとマイナスに帯電するイオン化された成分のみ(ビタミンC誘導体など)が導入可能ですがエレクトロポレーションは、皮膚に空洞を作りダイレクトに成分を届けるためイオン導入のように導入成分が限定されません。イオン導入できなかったコラーゲンやヒアルロン酸なども導入できるため、悩みへの改善の肌も広がります。しかもイオン導入の6〜20倍以上の浸透効果があります。
皮膚に特殊な電気パルスを与えると、皮膚内部の様々なバリア機能に隙間ができて成分の通り道(空洞)が出来ます。有効成分は、皮下組織へ浸透し細胞にも浸透していきます。針を使わずに、有効成分を皮下組織へと浸透させることができます。

エレクトロポレーションの仕組み

エレクトロポレーション美顔器の美容液の選び方


 
エレクトロポレーションは、どんな美容液でも導入可能です。
お使いの美容液でも美顔器が使用可能となっています。
しかし浸透効果も高いため、有効成分以外の有害なものまでも導入してしまう可能性もあるということになります。ご自身で使用しているコスメが導入可能なのは嬉しい反面、そのコスメに香料・着色料・保存料・防腐剤などの添加物が入っていた場合、通常塗布であれば浸透されないものもエレクトロポレーションによる導入で全て導入されてしまうことになります。イオン導入用の美容液以上に選び方は、慎重になるべきです。
以下の成分が記載されている場合、エレクトロポレーションでも導入は避けましょう。 
 

<化粧品に入っている注意すべき主な添加物> 
メチルパラベン・フェノキシエタノール・サリチル酸・コカミド・水酸化レシチン・BG(1.3‐ブチレングリコール)・ラウリン酸ポリグリセリル‐10・赤202・フェネチルアルコール・オキシベンゾン

 
 
エレクロとポレーションで導入可能かつ美肌効果、悩み改善への主な有効な成分は以下になります。今までは、美容成分のみで改善できなかった悩みも成分の選び方とエレクトロポレーションによって、なるべくレーザーや光に頼らず改善できるようになってきました。
 

<導入可能成分>
 ビタミン C誘導体・ビタミンC・ビタミンE ・ビタミンA・ビタミンB2、B5・ビタミンK・βカロチン・アミノ酸・グリシルグリシン・プラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲン ・エラスチン・セラミド・プラチナナノコロイド・アルジルリン・イソフラボン・アルブチン・コエンザイムQ10・L-カルニチン・L-アルギニン酸・アゼライン酸・甘草エキス・スイートアーモンドオイル・フォス ファチジルコリン・ミノキシジル・ステロイド剤・ヒト幹細胞培養液など

 

 <おすすめの主な導入成分>
ビタミンC誘導体・トラネキサム酸・グリシルグリシン・プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・ヒト幹細胞培養液

エレクトロポレーション美顔器
    の美容液の選び方


 
エレクトロポレーションは、どんな美容液でも導入可能です。
お使いの美容液でも美顔器が使用可能となっています。
しかし浸透効果も高いため、有効成分以外の有害なものまでも導入してしまう可能性もあるということになります。ご自身で使用しているコスメが導入可能なのは嬉しい反面、そのコスメに香料・着色料・保存料・防腐剤などの添加物が入っていた場合、通常塗布であれば浸透されないものもエレクトロポレーションによる導入で全て導入されてしまうことになります。イオン導入用の美容液以上に選び方は、慎重になるべきです。
以下の成分が記載されている場合、エレクトロポレーションでも導入は避けましょう。 
 

<化粧品に入っている注意すべき主な添加物> 
メチルパラベン・フェノキシエタノール・サリチル酸・コカミド・水酸化レシチン・BG(1.3‐ブチレングリコール)・ラウリン酸ポリグリセリル‐10・赤202・フェネチルアルコール・オキシベンゾン

 
 
エレクロとポレーションで導入可能かつ美肌効果、悩み改善への主な有効な成分は以下になります。今までは、美容成分のみで改善できなかった悩みも成分の選び方とエレクトロポレーションによって、なるべくレーザーや光に頼らず改善できるようになってきました。
 

<導入可能成分>
 ビタミン C誘導体・ビタミンC・ビタミンE ・ビタミンA・ビタミンB2、B5・ビタミンK・βカロチン・アミノ酸・グリシルグリシン・プラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲン ・エラスチン・セラミド・プラチナナノコロイド・アルジルリン・イソフラボン・アルブチン・コエンザイムQ10・L-カルニチン・L-アルギニン酸・アゼライン酸・甘草エキス・スイートアーモンドオイル・フォス ファチジルコリン・ミノキシジル・ステロイド剤・ヒト幹細胞培養液など

 

 <おすすめの主な導入成分>
ビタミンC誘導体・トラネキサム酸・グリシルグリシン・プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・ヒト幹細胞培養液

おすすめ美容液の主な効果


 
   成分の働き 効果
ビタミンC
ビタミンC誘導体
メラニン色素の生成抑制効果 シミやそばかすを改善・予防
メラニン色素の排出効果 シミやそばかすを改善・予防、美白
繊維芽細胞活発化、コラーゲン生成促進効果 シワ、たるみ、毛穴にマルチな悩み改善
抗酸化作用効果 シミ、ニキビ予防、肌の老化予防
抗炎症作用効果 ニキビ改善・予防
皮脂分泌抑制効果 毛穴引き締め、ニキビ改善・予防
セラミド合成促進効果 毛穴開き改善、シワ、たるみ改善
血行促進、ターンオーバー正常化効果 シミなどマルチな悩みを改善
ビタミンB 抗酸化作用効果 シミ、ニキビ予防、肌の老化予防
抗炎症作用効果 ニキビ改善・予防
血行促進、ターンオーバー正常化効果 シミなどマルチな悩みを改善
ビタミンA
レチノール、レチノイン酸
繊維芽細胞活発化、コラーゲン生成促進効果 シワ、たるみ、毛穴にマルチな悩み改善
血行促進、ターンオーバー正常化効果 シミなどマルチな悩みを改善
ビタミンE メラニン色素の生成抑制効果 シミやそばかすを改善・防止 
メラニン色素の排出効果 シミやそばかすを改善・予防、美白
抗酸化作用効果 シミ、ニキビ予防、肌の老化予防
抗炎症作用効果 ニキビ改善・予防
皮膚の角化正常化効果 皮脂毛穴の開き改善・予防
保湿効果 乾燥肌、シワ改善・予防
血行促進効果 肌の老化予防
アミノ酸 繊維芽細胞活発化、コラーゲン生成促進効果 シワ、たるみ、毛穴にマルチな悩み改善
保湿効果 乾燥肌、シワ改善・予防
アルブチン メラニン色素の生成抑制効果 シミやそばかすを改善・防止
コラーゲン、ヒアルロン酸
エラスチン、セラミド
保湿効果 乾燥肌、シワ、たるみ、毛穴改善・予防
プラセンタ  メラニン色素の生成抑制効果 シミやそばかすを改善・予防
繊維芽細胞活発化、コラーゲン生成促進効果 シワ、たるみ、毛穴にマルチな悩み改善
抗酸化作用効果 シミ、ニキビ予防、肌の老化予防
アミノ酸による保湿効果 乾燥肌、シワ改善・予防
ターンオーバー正常化効果 シミ、ニキビ跡などマルチな悩みを改善
トラネキサム酸  メラニン色素の生成抑制効果 肝斑、シミ改善・予防
抗炎症作用効果 止血効果、ニキビ、ニキビ跡改善
グリシルグリシン 皮膚の角化正常化効果 皮脂毛穴の開き改善・予防
抗炎症作用効果 ニキビ改善・予防
皮脂分泌抑制効果 毛穴引き締め、ニキビ改善・予防
ヒト幹細胞培養液 繊維芽細胞活発化、コラーゲン生成促進効果 シワ、たるみ、毛穴、ニキビ跡などマルチな悩み改善
抗酸化作用効果 シミ、ニキビ予防、肌の老化予防
抗炎症作用効果 ニキビ改善・予防
セラミド合成促進効果 毛穴開き改善、シワ、たるみ、ニキビ跡改善
血行促進、ターンオーバー正常化効果 シミなどマルチな悩みを改善

 
注目のヒト幹細胞培養液とは


 
アンチエイジング最終兵器コスメとも言われるヒト幹細胞培養液とは、ヒトの脂肪細胞から取り出された幹細胞を培養した時に分泌するGF/グロースファクターと言う成長因子
が含まれている分泌液です。主成分はアミノ酸で150種類以上の肌の成長因子が含まれています。細胞に直接働きかけ、細胞を活性化させる効果があり皮膚の老化と損傷を防止し皮膚組織の再生を促進します。幹細胞培養液にはヒト由来のものと植物由来のものがありますがヒト由来のものは、細胞活性の元となる成分が豊富に含まれており組織再生に大変、効果的です。
 
 

これまでは対処療法でしかなかった?!


 
今までのコスメは、肌の表面に水分、油分を塗布することで角質層の肌バランスを整えることで根本的な対処はできていませんでした。
コラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分もダイレクトに効果を得られるわけではなく、美容成分を不足部分に補うことや保湿効果といったことがメインの対処法でしかありません。
そういったことによって老化の進んだ肌やトラブル肌へは、根本的改善というよりは、一時対処方のようなことでしか補っていないのです。
 
 

ヒト幹細胞培養液は、根本的に改善できる?!


 
 
レーザーや光治療のようにヒト幹細胞培養液は、繊維芽細胞に直接働きかけるためコスメの力でも根本的に肌本来の力で改善する力を呼び起こします。コラーゲン生成、ターンオーバー促進によってシミ、毛穴、くすみといった改善がみられアンチエイジング効果が期待できます。自ら新しい細胞を作り出すことができるように働きかけてくれる成分なのです。 主な成長因子の効果は、以下になります。
 

【EGF(表皮細胞成長因子)の効果】
表面(上皮)の細胞の機能正常化、活性化、再生機能を助け新しい細胞を増産・成長させます。ターンオーバーを促進させ色素沈着を予防しシミ、くすみ、ニキビ、ニキビ跡を改善しキメのある肌へ導きます。

 

【FGF-1、aFGF (線維芽細胞増殖因子)の効果】
繊維芽細胞が活発化するように働きかけコラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質を生成します。肌のハリをアップし、しわ、たるみ、毛穴などを改善していきます。

 

【bFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)の効果】 
線維芽細胞および血管内皮細胞の増殖を促し組織を修復します。いわゆる真皮の質を変えることで肌を若返らせます。おでこ、ほうれい線などの深いしわに効果的です。

 

【TGF-β(トランスフォーミング成長因子)の効果】
線維芽細胞でコラーゲン・エラスチンを生成促進し弾力を高める作用と抗炎症効果があります。敏感肌などにも優しく、たるみ、しわ、毛穴を改善します。

 

【IGF(インスリン様成長因子)の効果】
破損した細胞の再生促進。新しい皮膚を再生してコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成促進。ハリがアップしシワ、たるみを改善します。

 

【PDGF(血小板由来成長因子)の効果】 
血液が凝固する時に血小板が壊れますが、その時に分泌される因子で細胞線維芽細胞の増殖を促進します。線維芽細胞などからも分泌され細胞を増やし組織を再生修復。EGF、IGFと結びついて作用しますのでアンチエイジング効果を期待できます。

 

【HGF(肝細胞増殖因子)の効果】
HGFは肝臓の細胞を増殖する働きがあり各臓器や皮膚、血管、神経など傷付いた部分の細胞を修復、再生させ自然治癒力や免疫力を高めます。肌の土台と言われる基底膜のケアに有効で、ニキビ跡、シワ、たるみ、毛穴を改善します。

 

【VEGF(血管内皮細胞成長因子)の効果】
新生血管を形成するための大きな役割を果します。皮膚の損傷部位の新しい血管やその他の再生を促進。主に育毛治療や発毛に効果があります。

 

【KGF、FGF-7(毛母細胞成長因子)の効果】
直接毛母細胞に働き毛母細胞の増殖と毛髪の形成に必要なケラチン生成を促進。毛髪の成長促進、白髪発生の抑制など育毛、発毛、増毛に効果的です。

 

注目のヒト幹細胞培養液とは


 
アンチエイジング最終兵器コスメとも言われるヒト幹細胞培養液とは、ヒトの脂肪細胞から取り出された幹細胞を培養した時に分泌するGF/グロースファクターと言う成長因子
が含まれている分泌液です。主成分はアミノ酸で150種類以上の肌の成長因子が含まれています。細胞に直接働きかけ、細胞を活性化させる効果があり皮膚の老化と損傷を防止し皮膚組織の再生を促進します。幹細胞培養液にはヒト由来のものと植物由来のものがありますがヒト由来のものは、細胞活性の元となる成分が豊富に含まれており組織再生に大変、効果的です。
 
 

これまでは対処療法でしかなかった?!


 
今までのコスメは、肌の表面に水分、油分を塗布することで角質層の肌バランスを整えることで根本的な対処はできていませんでした。
コラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分もダイレクトに効果を得られるわけではなく、美容成分を不足部分に補うことや保湿効果といったことがメインの対処法でしかありません。そういったことによって老化の進んだ肌やトラブル肌へは、根本的改善というよりは、一時対処方のようなことでしか補っていないのです。
 
 

ヒト幹細胞培養液は根本的に改善する?!


 
レーザーや光治療のようにヒト幹細胞培養液は、繊維芽細胞に直接働きかけるためコスメの力でも根本的に肌本来の力で改善する力を呼び起こします。コラーゲン生成、ターンオーバー促進によってシミ、毛穴、くすみといった改善がみられアンチエイジング効果が期待できます。自ら新しい細胞を作り出すことができるように働きかけてくれる成分なのです。主な成長因子の効果は、以下になります。 
 

 

【EGF(表皮細胞成長因子)の効果】
表面(上皮)の細胞の機能正常化、活性化、再生機能を助け新しい細胞を増産・成長させます。ターンオーバーを促進させ色素沈着を予防しシミ、くすみ、ニキビ、ニキビ跡を改善しキメのある肌へ導きます。

 

【FGF-1、aFGF (線維芽細胞増殖因子)の効果】
繊維芽細胞が活発化するように働きかけコラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質を生成します。肌のハリをアップし、しわ、たるみ、毛穴などを改善していきます。

 

【bFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)の効果】 
線維芽細胞および血管内皮細胞の増殖を促し組織を修復します。いわゆる真皮の質を変えることで肌を若返らせます。おでこ、ほうれい線などの深いしわに効果的です。

 

【TGF-β(トランスフォーミング成長因子)の効果】
線維芽細胞でコラーゲン・エラスチンを生成促進し弾力を高める作用と抗炎症効果があります。敏感肌などにも優しく、たるみ、しわ、毛穴を改善します。

 

【IGF(インスリン様成長因子)の効果】
破損した細胞の再生促進。新しい皮膚を再生してコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成促進。ハリがアップしシワ、たるみを改善します。

 

【PDGF(血小板由来成長因子)の効果】 
血液が凝固する時に血小板が壊れますが、その時に分泌される因子で細胞線維芽細胞の増殖を促進します。線維芽細胞などからも分泌され細胞を増やし組織を再生修復。EGF、IGFと結びついて作用しますのでアンチエイジング効果を期待できます。

 

【HGF(肝細胞増殖因子)の効果】
HGFは肝臓の細胞を増殖する働きがあり各臓器や皮膚、血管、神経など傷付いた部分の細胞を修復、再生させ自然治癒力や免疫力を高めます。肌の土台と言われる基底膜のケアに有効で、ニキビ跡、シワ、たるみ、毛穴を改善します。

 

【VEGF(血管内皮細胞成長因子)の効果】
新生血管を形成するための大きな役割を果します。皮膚の損傷部位の新しい血管やその他の再生を促進。主に育毛治療や発毛に効果があります。

 

【KGF、FGF-7(毛母細胞成長因子)の効果】
直接毛母細胞に働き毛母細胞の増殖と毛髪の形成に必要なケラチン生成を促進。毛髪の成長促進、白髪発生の抑制など育毛、発毛、増毛に効果的です。