効果のある美顔器選び
効果のある美顔器選び
home
美顔器の選び方
美顔器診断
おすすめ美顔器
美顔器クチコミ
home
美顔器の選び方
美顔器診断
おすすめ美顔器
美顔器クチコミ

 

イオン導出の水、化粧水の選び方


 
 

イオン導出の水、化粧水の選び方


イオン導出は普段のクレンジングでは取りきれない毛穴の奥の汚れを吸着して、きれいにします。汚れ吸着のため肌へ当てる部分にコットンを付ける必要がありますがただのコットンでは、汚れをキャッチできませんのでそのコットンに、水分が含まれている必要があります。
 
そして、美顔器本体からは、イオン電流が流れますので邪魔をしないものでなければいけません。しかし、水分であれば、何でもいいと言う訳ではありません。選び方を間違えてしまうと効果も半減どころかありません。イオン導出器を使用しても、あまり効果がないと思うなら選び方、使い方を間違っていることがほとんどです。正しい選び方し正しい使い方をして美肌を目指しましょう!

イオン導出ってそもそもどういう仕組み?


 
イオン導出(イオンクレンジング)はイオンの力で汚れを吸着します。
通常のクレンジングで落ちない汚れを吸着して取り除く力があるので、いわゆるディープクレンジングになります。イオンのマイナス、プラスの力で肌の汚れを吸着します。
イオン導出の時、本体自体はプラスの力を出していますのでマイナスの汚れを吸着します。肌の汚れの種類にもそれぞれ、プラスとマイナスの力があります。
 
(−)の汚れ・・・ほこり、タバコの煙、排気ガス、界面活性剤
(+)の汚れ・・・メイク汚れ(鉱物含む)、汗、角質、界面活性剤
 
(+)の汚れは比較的、普段のクレンジングでも落ちやすいのですが(−)の汚れは、落ちにくくこれが溜まっていくと黒ずみや毛穴開きの原因になります。その際に、吸着させるためのコットン、電気を通すための水が必要です。
実は、イオン導入の時、本体自体はマイナスの力を出していますので(+)の汚れも一緒に、吸着されていることになります。ですが(+)の汚れは普段のクレンジングでしっかり落とし
残らないようにするのが鉄則です。イオン導入後に汚れが残ってしまうからです。
 
 
 

イオン導出は水でもいいの?


 
イオン電流を通すことができるのは、水分です。水か化粧水を使用することになります。
メーカーによっては、化粧水でイオンクレンジングをおすすめしていますが安全な成分が含まれていることと、化粧水のケアを同時にできること、うるおい保持もかねてできるからです。普段使用している決まった化粧水を使用したいのであれば、イオン導出には向いていないこともありますので水を使用してイオンクレンジングをしてから普段の化粧水でのケアを行うという工程でも問題ありません。
 
 
 

イオン導出する水、化粧水に注意点


 
水道水にはカルキが含まれているため、クレンジング中の間でも肌へ当てることを避けたいと思うかもしれません。ですがイオン導入されるわけではありませんので、そこまで心配する必要もありません。その場合、精製水(純粋)を使用する手もありますが精製水はミネラルなど何も成分が含まれていませんので伝導率が悪くなります。
効果も半減し実はおすすめできません。ミネラルフォーターも種類によっては同じく伝導率が悪くなります。むしろ、水道水の方が向いている場合もあるのです。どうしても精製水を使用したいのであれば重層を入れると伝導率がよくなるそうです。化粧水の場合も基本どんなものでもイオン導出しますが無香料、無着色、ノンパラベンなどイオンクレンジング中は、なるべく肌に負担のかからないものがおすすめです。
 
 

 

イオン導出は、どういう仕組み?


 
イオン導出(イオンクレンジング)はイオンの力で汚れを吸着します。通常のクレンジングで落ちない汚れを吸着して取り除く力があるので、いわゆるディープクレンジングになります。イオンのマイナス、プラスの力で肌の汚れを吸着します。
イオン導出の時、本体自体はプラスの力を出していますのでマイナスの汚れを吸着します。肌の汚れの種類にもそれぞれ、プラスとマイナスの力があります。
 
(−)の汚れ・・・ほこり、タバコの煙、排気ガス、界面活性剤
(+)の汚れ・・・メイク汚れ(鉱物含む)、汗、角質、界面活性剤
 
(+)の汚れは比較的、普段のクレンジングでも落ちやすいのですが(−)の汚れは、落ちにくくこれが溜まっていくと黒ずみや毛穴開きの原因になります。その際に、吸着させるためのコットン、電気を通すための水が必要です。実は、イオン導入の時、本体自体はマイナスの力を出していますので(+)の汚れも一緒に、吸着されていることになります。ですが(+)の汚れは普段のクレンジングでしっかり落とし残らないようにするのが鉄則です。
イオン導入後に汚れが残ってしまうからです。
 
 

イオン導出は水でもいいの?


 
イオン電流を通すことができるのは、水分です。水か化粧水を使用することになります。メーカーによっては、化粧水でイオンクレンジングをおすすめしていますが安全な成分が含まれていることと、化粧水のケアを同時にできること、うるおい保持もかねてできるからです。
普段使用している決まった化粧水を使用したいのであれば、イオン導出には向いていないこともありますので水を使用してイオンクレンジングをしてから普段の化粧水でのケアを行うという工程でも問題ありません。
 
 

イオン導出する水、化粧水に注意点


 
水道水にはカルキが含まれているため、クレンジング中の間でも肌へ当てることを避けたいと思うかもしれません。ですがイオン導入されるわけではありませんので、そこまで心配する必要もありません。その場合、精製水(純粋)を使用する手もありますが精製水はミネラルなど何も成分が含まれていませんので伝導率が悪くなります。
効果も半減し実はおすすめできません。
ミネラルフォーターも種類によっては同じく伝導率が悪くなります。むしろ、水道水の方が向いている場合もあるのです。どうしても精製水を使用したいのであれば重層を入れると伝導率がよくなるそうです。化粧水の場合も基本どんなものでもイオン導出しますが無香料、無着色、ノンパラベンなどイオンクレンジング中は、なるべく肌に負担のかからないものがおすすめです。