効果のある美顔器選び
効果のある美顔器選び
美顔器相談室
美顔器の選び方
美顔器ランク比較
美顔器診断
美顔器クチコミ
美顔器コンシェルズ相談室
美顔器の選び方
美顔器ランク比較
美顔器診断
美顔器クチコミ
美顔器体験談

〜失敗しない!自分に合ったベストを選べる!〜 

顔のたるみ改善に効果のある
おすすめ美顔器の選び方

 失敗しない!自分に合うベストを選べる!

 顔のたるみ改善に効果のある
 おすすめ美顔器の選び方

 1つではない!たるみの原因は何?!

 

 
たるみを今すぐなくしたい!改善したい!1番効果の高い美顔器が欲しいけど何がおすすめなのか?ランキングや口コミばかりに頼っていませんか?それでは、本当に自分に合った美顔器を選ぶことはできません!沢山ある中からベストを選ぶには、まずはご自身のたるみは何が原因なのかを知ることです!たるみの原因がわかればご自身に合うベストな改善方法がわかりますので、原因から改善できる美顔器を絞ることができます!
>>>ぜったいに失敗しない!効果のある美顔器の選び方をおさらい

 

【顔のたるみの原因】
 
1.ターンオーバーが乱れ肌老化が進む
2.コラーゲン減少でハリがなくなる
3.水分不足の乾燥肌でハリがなくなる
4.老廃物がたまり、顔がむくむ
5.脂肪の増減により重力で皮膚が下がる
6.顔の表情筋が衰える

 

 
たるみは、老化の原因がほとんどですが若年層でも起こりえます!
 
たるみは、主に老化による表情筋の衰え、コラーゲン生成減少、ターンオーバーが乱れで肌のハリが失われることによって起こります。お酒、たばこ、寝不足など生活習慣の悪化や紫外線の浴び過ぎによっても活性酸素が増え肌の酸化が進み老化と同じような現象で、たるみは出てきますので若年層でも油断ができません。
また乾燥肌によるハリ不足、過度なダイエットなどによる体重の増減で皮膚が伸びてしまったり、むくみや無駄な脂肪が付いているとさらに、たるみが増してしまいます。
 
たるみは、次々に悩みを増やす原因になります!
たるみ=ほうれい線、シワ、毛穴の開きなどにつながっていきます。
 
肌全体がたるむと皮膚は下がりますのでそれに伴い毛穴も縦に開いてきますので帯状毛穴という年齢肌特有のたるみが原因の開き毛穴にももなりますし目尻も下がってシワも増えていきます。
たるみは若さを失わせてしまう原因の1つなのです。
 

<1.ターンオーバーの乱れによる原因>
 
年齢問わずターンオーバーの乱れは、ストレスや生活習慣の悪化、紫外線や外部刺激によるものが考えられます。自然な老化によってもターンオーバーの周期は遅くなっていきます。ターンオーバーの周期が遅くなっても早くなり過ぎても肌状態はよくなりません。肌のバリアが弱まったり肌の老化を進ませハリ不足が進み、たるみの原因になります。

 

<2.コラーゲン不足による原因>
 
コラーゲン減少の原因は加齢とともにコラーゲン生成がうまくいかなくなることや紫外線によって、コラーゲンが破壊され少なくなっていくことです。コラーゲンが減ることで肌のハリが失われ皮膚の重力に耐えきれなくなり、たるみが起こります。

 

<3.水分不足の乾燥肌による原因>
 
水分不足の乾燥肌は、食生活や生活習慣、ストレス、アトピーや間違ったスキンケアによる外部刺激などによることが原因です。乾燥肌は肌のバリア機能が低下し肌の機能自体もうまく働かなくなるため肌トラブルを招きやすくなりますしハリを失わせ肌のたるみの原因になります。

 

<4.むくみによる原因>
 
新陳代謝の悪化、血行不良、リンパの流れの悪化、筋肉が衰える事で肩こり同様、顔にも老廃物や余分な水分が溜まってきます。塩分、アルコール(水分)の過剰摂取、睡眠不足、ストレス、運動不足など不規則な生活習慣が元となることが多くなります。余分なものが顔に溜まるとことで重みを増して肌にたるみを起こします。

 

<5.脂肪の増減による原因>
 
頬やエラ、広角周りに付いた脂肪は若い頃はハリで何とか保つことができますが年齢を増すごとにハリが失われるため重力に負けて脂肪の重みで肌がたるんできます。無駄な脂肪は、ほうれい線や二重あごの原因にもなります。また過度なダイエットなどによる脂肪増減で皮膚が伸びてしまうとたるみの原因にもなります。

 

<6.筋肉の衰えによる原因>
 
筋肉量は加齢とともに下がっていくので運動をしない限り衰えは止まりません。筋肉量が下がると脂肪が付きやすく脂肪が付くと重力で下がりやすくなるというたるみの悪循環が起こります。

 

 1つではない!たるみの原因は何?!

 

 
たるみを今すぐなくしたい!改善したい!1番効果の高い美顔器が欲しいけど何がおすすめなのか?ランキングや口コミばかりに頼っていませんか?それでは、本当に自分に合った美顔器を選ぶことはできません!沢山ある中からベストを選ぶには、まずはご自身のたるみは何が原因なのかを知ることです!たるみの原因がわかればご自身に合うベストな改善方法がわかりますので、原因から改善できる美顔器を絞ることができます!
>>>ぜったいに失敗しない!効果のある美顔器の選び方をおさらい

 

【顔のたるみの原因】
 
1.ターンオーバーが乱れ肌老化が進む
2.コラーゲン減少でハリがなくなる
3.水分不足の乾燥肌でハリがなくなる
4.老廃物がたまり、顔がむくむ
5.無駄な脂肪が頬やエラに付き重力で下がる
6.顔の表情筋が衰える

 

 
たるみは、老化の原因がほとんどですが若年層でも起こりえます!
 
たるみは、主に老化による表情筋の衰え、コラーゲン生成減少、ターンオーバーが乱れで肌のハリが失われることによって起こります。お酒、たばこ、寝不足など生活習慣の悪化や紫外線の浴び過ぎによっても活性酸素が増え肌の酸化が進み老化と同じような現象で、たるみは出てきますので若年層でも油断ができません。また乾燥肌によるハリ不足、むくみや無駄な脂肪が付いているとさらに、たるみが増してしまいます。
 
たるみは、次々に悩みを増やす原因になります!
たるみ=ほうれい線、シワ、毛穴の開きなどにつながっていきます。
 
肌全体がたるむと皮膚は下がりますのでそれに伴い毛穴も縦に開いてきますので帯状毛穴という年齢肌特有のたるみが原因の開き毛穴にももなりますし目尻も下がってシワも増えていきます。
たるみは若さを失わせてしまう原因の1つなのです。
 

<1.ターンオーバーの乱れによる原因>
 
年齢問わずターンオーバーの乱れは、ストレスや生活習慣の悪化、紫外線や外部刺激によるものが考えられます。自然な老化によってもターンオーバーの周期は遅くなっていきます。ターンオーバーの周期が遅くなっても早くなり過ぎても肌状態はよくなりません。肌のバリアが弱まったり肌の老化を進ませハリ不足が進み、たるみの原因になります。

 

<2.コラーゲン不足による原因>
 
コラーゲン減少の原因は加齢とともにコラーゲン生成がうまくいかなくなることや紫外線によって、コラーゲンが破壊され少なくなっていくことです。コラーゲンが減ることで肌のハリが失われ皮膚の重力に耐えきれなくなり、たるみが起こります。

 

<3.水分不足の乾燥肌による原因>
 
水分不足の乾燥肌は、食生活や生活習慣、ストレス、アトピーや間違ったスキンケアによる外部刺激などによることが原因です。乾燥肌は肌のバリア機能が低下し肌の機能自体もうまく働かなくなるため肌トラブルを招きやすくなりますしハリを失わせ肌のたるみの原因になります。

 

<4.むくみによる原因>
 
新陳代謝の悪化、血行不良、リンパの流れの悪化、筋肉が衰える事で肩こり同様、顔にも老廃物や余分な水分が溜まってきます。塩分、アルコール(水分)の過剰摂取、睡眠不足、ストレス、運動不足など不規則な生活習慣が元となることが多くなります。余分なものが顔に溜まるとことで重みを増して肌にたるみを起こします。

 

<5.脂肪の増減による原因>
 
頬やエラ、広角周りに付いた脂肪は若い頃はハリで何とか保つことができますが年齢を増すごとにハリが失われるため重力に負けて脂肪の重みで肌がたるんできます。無駄な脂肪は、ほうれい線や二重あごの原因にもなります。また過度なダイエットなどによる脂肪増減で皮膚が伸びてしまうとたるみの原因にもなります。

 

<6.筋肉の衰えによる原因>
 
筋肉量は加齢とともに下がっていくので運動をしない限り衰えは止まりません。筋肉量が下がると脂肪が付きやすく脂肪が付くと重力で下がりやすくなるというたるみの悪循環が起こります。

 

 たるみ改善のベストな方法は?!

 

たるみ改善のベストな方法は?

 

【顔のたるみの改善方法】
 
1.肌の引き締め
2.肌のリフトアップ
 
《引き締めとリフトアップの方法》
・ターンオーバーの正常化でハリを戻す
・コラーゲン生成を促し肌のハリを出す
・乾燥肌改善、潤いを与えハリを出す
・デトックスでむくみを取る
・無駄な脂肪を燃焼させて引き締める
・表情筋を鍛え引き締める

 
 

■ ターンオーバー正常化には?!


 
ターンオーバー促進せること=正常化させることで周期は遅すぎても早くてもいけません。
年齢とともに周期はだんだんと遅くなっていきます。周期は年齢で、だいたい決まっています。平均周期よりも遅くなっている場合は、ターンオーバーを促進させるべきですがピーリングなどで無理やり28日以下までに早め過ぎてしまうと肌バリアが弱くなってしまい肌トラブルを招くことになります。老化とともに20代の頃まで周期を完全に戻すことは、どうしても難しいため年齢相応、もしくは年齢相応の平均目安よりも良いレベルを目指すくらいまでに、正常化させることが大切なのです。
そのために基本は、睡眠や食事など生活習慣を正すことと紫外線対策が重要です。ケアとしておすすめなのは、潤いを保つこと、新陳代謝、血行を促進させることです。イオン導入、超音波美顔器、ポレーション美顔器などで美容液を浸透させ(通常の30倍以上の浸透力)繊維芽細胞の活発化、紫外線予防、ダメージ回復、潤い保持をおこなうことでターンオーバーの乱れを予防改善させます。新陳代謝、血行を促進させるためには、マッサージや温熱効果が有効なので超音波美顔器、高周波美顔器がおすすめです。また繊維芽細胞を刺激して肌本来の力でターンオーバーを促進させることのできるレーザー美顔器、高周波美顔器は高い効果を期待できます。クリニックでは、ターンオーバー促進に手軽なケミカルピーリングとレーザーの併用などを勧められますがピーリングはむやみに行わないことは推奨します。
 
<ターンオーバー平均周期>
・10代  約20日
・20代  約28日
・30代  約40日
・40代  約55日
・50代  約75日
・60代  約100日
 

・ターンオーバーを促す美顔器 
 超音波美顔器( イオン導入)・ ポレーション美顔器・レーザー美顔器・光 美顔器・高周波美顔器

 
 
 

■ コラーゲン生成促進には?!


 
肌のコラーゲン生成を促すためにコラーゲン成分を、直接塗布してもコラーゲンの分子が大きいため、肌に浸透していかず効果が発揮できません。コラーゲン生成を促すためには、そもそも繊維芽細胞という部分を活性化させなければいけません。その新芽細胞を活性化させる成分を美容液で補う方法や高周波の温熱効果やレーザー、光で肌本来の自然治癒力を促し新芽細胞を活性化させる方法で自らコラーゲン生成を促進させる方法が有効です。
コラーゲン生成促進に特におすすめの美容液はビタミンC誘導体、レチノール、プラセンタ、幹細胞成長因子(※肌再生因子 EGF・FGF・IGF等体内のたんぱく質の一種)です。美容液の浸透率は通常塗布では2%ほどしかありません。イオン導入やポレーション美顔器を使えば30倍以上にも浸透率が上がりコラーゲン生成を効果的に促します。美容液での効果は多少時間がかかりますがレーザー、光、高周波などの肌内部へ直接刺激をする方法は効果がより早く出ます。コラーゲン生成治療には、クリニックではレーザーが主流ですが肌再生因子(FGF)注入療法も注目度が高くなっています。レーザーは家庭用美顔器でもありますし肌再生因子美容液の導入ですとエレクトロポレーションで可能です。
 

・コラーゲン生成を促す美顔器 
 超音波美顔器( イオン導入)・ ポレーション美顔器・レーザー美顔器・光 美顔器・高周波美顔器

 
 
 

■ 乾燥肌を改善するには?!


 
乾燥肌は食事、生活習慣、スキンケアをまず正すことが前提です。偏りのない食事、睡眠、刺激の少ないスキンケアを心がけましょう。肌の水分不足には、とにかく自宅でのケアが重要です。通常塗布ですと、わずか2%ほどしか浸透しないためイオン導入、超音波、ポレーション美顔器で肌に潤い成分を導入させることで効率良く潤いを与えます。セラミドは、表皮の1番上の角質層にあるため肌に最も浸透しやすい成分です。ヒアルロン酸、コラーゲンも効果は高いのですが肌の奥まで浸透させるためにはイオン導入、超音波、ポレーション美顔器を使用しない限り届きません。スチームや高周波などの温熱美容も代謝や血行を促進させる効果でスキンケアの効果をアップさせ乾燥肌を改善させる相乗効果があります。保湿には、肌本来が必要としている保湿成分を与えることがおすすめです。成分は以下を参考に。
 
<角質層の主な保湿成分>
天然保温因子(NMF)
セラミド
ステアリン酸コレステロール・コレステロールエステル
 
<真皮層の主な保湿成分>
ヒアルロン酸
コラーゲン
エラスチン
ヒルロイド(ヘパリン類似物質)
 

・乾燥肌を改善できる美顔 器 
 超音波美顔器・イオン導入器・ポレーション美顔器・高周波美顔器 スチーム美顔器

 
 
 

■ むくみを改善するには?!


 
むくみは生活習慣を正すことで改善できますが忙しい毎日の中では、なかなか難しくなってきます。手っ取り早くむくみを改善する方法は肩こりを改善する方法と同じくマッサージが最も効果的です。
マッサージはリンパの流れにそって老廃物を出すことが重要です。新陳代謝、血行促進にも効果があり余分な老廃物を貯めないようになりますので顔がすっきりと引き締まります。特にマッサージ効果に優れたローラー美顔器は、むくみに最も効果的でおすすめです。ハンドマッサージよりも楽にマッサージ効果を得る事ができます。ただし、ローラーは肌表面への刺激が強いためシミなどがある肌には、使用を避けた方がおすすめです。そういった場合、刺激の少ない高周波美顔器、温冷美顔器、スチーマーは温熱効果で新陳代謝、血行を促進させる効果があります。特に高周波の温熱効果は、デトックス、コラーゲン生成、脂肪燃焼効果と引き締め効果に優れています。
 

・むくみを改善できる美顔 器 
 超音波美顔器・高周波美顔器 ローラー美顔器・ スチーム美顔器 温冷美顔器など

 

 
 

■ 脂肪燃焼には?!


 
脂肪燃焼のためにはダイエットがもちろん必要ですが顔のみ小さくならない、なかなか痩せられないということもよくあることです。そういう場合には、顔の脂肪燃焼を促す方法がベストです。脂肪燃焼には、表情筋を鍛えて脂肪燃焼効果を上げるEMS美顔器か高い温熱効果で体温を上げて燃焼させる高周波美顔器がおすすめです。
EMSは筋肉を刺激してまるで自ら運動している効果と同じく筋肉を動かしてくれます。
EMSはピリピリしたり筋肉を動かす感覚がよくわかりますが高周波は皮膚に温かさを感じるのみです。高周波は、通常の温熱効果よりも深く広く皮膚の奥にまで熱が伝わる効果があり脂肪燃焼のほか血行促進やコラーゲン生成促進が可能なため引き締めとリフトアップ効果以外に美容効果も高くなります。クリニックでの顔の脂肪燃焼や小顔には、脂肪吸引よりもリスクが低いBNLS注射(脂肪溶解注射)が最もお手軽です。体にはあまり効果のわからない脂肪溶解注射ですが顔への効果は、早くて打った次の日から効果を感じられるようです。美顔器の継続困難やこれ以上、脂肪を落とせない場合にはおすすめです。
 

・脂肪燃焼効果のある美顔器 
 低周波(EMS)美顔器・高周波(RF・サブマイクロ波)美顔器

 
 
 

■ 表情筋を鍛えるには?!


 
筋肉の衰えや体重の無理な増減などによる皮膚のたるみには、肌の表情筋を鍛えることがおすすめです。表情筋アップには、定期的に顔のエクササイズを行うことです。筋肉は、年齢に関係なく鍛えるほど結果を出してくれます。表情筋を動かすことで筋力がアップし肌全体の引き締め効果が現れます。筋力が増えると脂肪燃焼効果も高まり無駄な頬の脂肪も取れてほうれい線予防や小顔効果も期待できます。また筋肉が付いてくると新陳代謝、血行促進効果もあるのでむくみも減ります。自ら表情筋のエクササイズをおこなうことが面倒な場合は、EMSを当てるだけで筋肉運動を自動で促し表情筋を鍛えることが可能です。
 

・表情筋を鍛える美顔器 
 低周波(EMS)美顔器
  
 

 たるみ改善のベストな方法は?!

 

たるみ改善のベストな方法は?

 

【顔のたるみの改善方法】
1.肌の引き締め
2.肌のリフトアップ
 
《引き締めとリフトアップの方法》
・ターンオーバーの正常化でハリを戻す
・コラーゲン生成を促し肌のハリを出す
・乾燥肌改善、潤いを与えハリを出す
・デトックスでむくみを取る
・無駄な脂肪を燃焼させて引き締める
・表情筋を鍛え引き締める

 
 

■ ターンオーバー正常化には?!


 
ターンオーバー促進せること=正常化させることで周期は遅すぎても早くてもいけません。
年齢とともに周期はだんだんと遅くなっていきます。周期は年齢で、だいたい決まっています。平均周期よりも遅くなっている場合は、ターンオーバーを促進させるべきですがピーリングなどで無理やり28日以下までに早め過ぎてしまうと肌バリアが弱くなってしまい肌トラブルを招くことになります。老化とともに20代の頃まで周期を完全に戻すことは、どうしても難しいため年齢相応、もしくは年齢相応の平均目安よりも良いレベルを目指すくらいまでに、正常化させることが大切なのです。
そのために基本は、睡眠や食事など生活習慣を正すことと紫外線対策が重要です。ケアとしておすすめなのは、潤いを保つこと、新陳代謝、血行を促進させることです。イオン導入、超音波美顔器、ポレーション美顔器などで美容液を浸透させ(通常の30倍以上の浸透力)繊維芽細胞の活発化、紫外線予防、ダメージ回復、潤い保持をおこなうことでターンオーバーの乱れを予防改善させます。新陳代謝、血行を促進させるためには、マッサージや温熱効果が有効なので超音波美顔器、高周波美顔器がおすすめです。また繊維芽細胞を刺激して肌本来の力でターンオーバーを促進させることのできるレーザー美顔器、高周波美顔器は高い効果を期待できます。クリニックでは、ターンオーバー促進に手軽なケミカルピーリングとレーザーの併用などを勧められますがピーリングはむやみに行わないことは推奨します。
 
<ターンオーバー平均周期>
・10代  約20日
・20代  約28日
・30代  約40日
・40代  約55日
・50代  約75日
・60代  約100日
 

・ターンオーバーを促す美顔器 
 超音波美顔器(イオン導入)・ポレーション美顔器・レーザー美顔器・光美顔器・高周波美顔器

 
 

■ コラーゲン生成促進には?!


 
肌のコラーゲン生成を促すためにコラーゲン成分を、直接塗布してもコラーゲンの分子が大きいため、肌に浸透していかず効果が発揮できません。コラーゲン生成を促すためには、そもそも繊維芽細胞という部分を活性化させなければいけません。その新芽細胞を活性化させる成分を美容液で補う方法や高周波の温熱効果やレーザー、光で肌本来の自然治癒力を促し新芽細胞を活性化させる方法で自らコラーゲン生成を促進させる方法が有効です。
コラーゲン生成促進に特におすすめの美容液はビタミンC誘導体、レチノール、プラセンタ、幹細胞成長因子(※肌再生因子 EGF・FGF・IGF等体内のたんぱく質の一種)です。美容液の浸透率は通常塗布では2%ほどしかありません。イオン導入やポレーション美顔器を使えば30倍以上にも浸透率が上がりコラーゲン生成を効果的に促します。美容液での効果は多少時間がかかりますがレーザー、光、高周波などの肌内部へ直接刺激をする方法は効果がより早く出ます。コラーゲン生成治療には、クリニックではレーザーが主流ですが肌再生因子(FGF)注入療法も注目度が高くなっています。レーザーは家庭用美顔器でもありますし肌再生因子美容液の導入ですとエレクトロポレーションで可能です。
 

・コラーゲン生成を促す美顔器 
 超音波美顔器(イオン導入)・ポレーション美顔器・レーザー美顔器・光美顔器・高周波美顔器

 
  

■ 乾燥肌を改善するには?!


 
乾燥肌は食事、生活習慣、スキンケアをまず正すことが前提です。偏りのない食事、睡眠、刺激の少ないスキンケアを心がけましょう。肌の水分不足には、とにかく自宅でのケアが重要です。通常塗布ですと、わずか2%ほどしか浸透しないためイオン導入、超音波、ポレーション美顔器で肌に潤い成分を導入させることで効率良く潤いを与えます。セラミドは、表皮の1番上の角質層にあるため肌に最も浸透しやすい成分です。ヒアルロン酸、コラーゲンも効果は高いのですが肌の奥まで浸透させるためにはイオン導入、超音波、ポレーション美顔器を使用しない限り届きません。スチームや高周波などの温熱美容も代謝や血行を促進させる効果でスキンケアの効果をアップさせ乾燥肌を改善させる相乗効果があります。保湿には、肌本来が必要としている保湿成分を与えることがおすすめです。成分は以下を参考に。
 
<角質層の主な保湿成分>
天然保温因子(NMF)
セラミド
ステアリン酸コレステロール・コレステロールエステル
 
<真皮層の主な湿成分>
ヒアルロン酸
コラーゲン
エラスチン
ヒルロイド(ヘパリン類似物質)
 

・乾燥肌を改善できる美顔器 
 超音波美顔器・イオン導入器・ポレーション美顔器・高周波美顔器・スチーム美顔器

 
 

■ むくみを改善するには?!


 
むくみは生活習慣を正すことで改善できますが忙しい毎日の中では、なかなか難しくなってきます。手っ取り早くむくみを改善する方法は肩こりを改善する方法と同じくマッサージが最も効果的です。
マッサージはリンパの流れにそって老廃物を出すことが重要です。新陳代謝、血行促進にも効果があり余分な老廃物を貯めないようになりますので顔がすっきりと引き締まります。特にマッサージ効果に優れたローラー美顔器は、むくみに最も効果的でおすすめです。ハンドマッサージよりも楽にマッサージ効果を得る事ができます。ただし、ローラーは肌表面への刺激が強いためシミなどがある肌には、使用を避けた方がおすすめです。そういった場合、刺激の少ない高周波美顔器、温冷美顔器、スチーマーは温熱効果で新陳代謝、血行を促進させる効果があります。特に高周波の温熱効果は、デトックス、コラーゲン生成、脂肪燃焼効果と引き締め効果に優れています。
 

・むくみを改善できる美顔器 
 超音波美顔器・高周波美顔器・ローラー美顔器・スチーム美顔器・温冷美顔器など  
 
 

■ 脂肪燃焼には?!


 
脂肪燃焼のためにはダイエットがもちろん必要ですが顔のみ小さくならない、なかなか痩せられないということもよくあることです。そういう場合には、顔の脂肪燃焼を促す方法がベストです。脂肪燃焼には、表情筋を鍛えて脂肪燃焼効果を上げるEMS美顔器か高い温熱効果で体温を上げて燃焼させる高周波美顔器がおすすめです。
EMSは筋肉を刺激してまるで自ら運動している効果と同じく筋肉を動かしてくれます。
EMSはピリピリしたり筋肉を動かす感覚がよくわかりますが高周波は皮膚に温かさを感じるのみです。高周波は、通常の温熱効果よりも深く広く皮膚の奥にまで熱が伝わる効果があり脂肪燃焼のほか血行促進やコラーゲン生成促進が可能なため引き締めとリフトアップ効果以外に美容効果も高くなります。クリニックでの顔の脂肪燃焼や小顔には、脂肪吸引よりもリスクが低いBNLS注射(脂肪溶解注射)が最もお手軽です。体にはあまり効果のわからない脂肪溶解注射ですが顔への効果は、早くて打った次の日から効果を感じられるようです。美顔器の継続困難やこれ以上、脂肪を落とせない場合にはおすすめです。
 

・脂肪燃焼効果のある美顔器 
 低周波(EMS)美顔器・高周波(RF・サブマイクロ波)美顔器

  
 

■ 表情筋を鍛えるには?!


 
筋肉の衰えや体重の無理な増減などによる皮膚のたるみには、肌の表情筋を鍛えることがおすすめです。表情筋アップには、定期的に顔のエクササイズを行うことです。筋肉は、年齢に関係なく鍛えるほど結果を出してくれます。表情筋を動かすことで筋力がアップし肌全体の引き締め効果が現れます。筋力が増えると脂肪燃焼効果も高まり無駄な頬の脂肪も取れてほうれい線予防や小顔効果も期待できます。また筋肉が付いてくると新陳代謝、血行促進効果もあるのでむくみも減ります。自ら表情筋のエクササイズをおこなうことが面倒な場合は、EMSを当てるだけで筋肉運動を自動で促し表情筋を鍛えることが可能です。
 

・表情筋を鍛える美顔器 
 低周波(EMS)美顔器
  
 

 たるみに効果のある美顔器を絞る!

 

 
たるみ改善に必要な効果と美顔器の機能
たるみ改善
に必要な効果
引き締めとリフトアップ
効果的な機能 コラーゲン
生成
ターンオー
バー促進 
潤い・ハリ
アップ
老廃物除去
むくみ取り
表情筋を
鍛える
脂肪燃焼
超音波
×
高周波 ×
EMS ×
イオン導入  ×  × ×
ポレーション  ×  × ×


◎最も効果が期待できる / ◯効果が期待できる / △それなりに効果が期待できる / ×全くできない

 

<たるみに効果のある おすすめの美顔器>
 
超音波美顔器・高周波美顔器・EMS・イオン導入器・エレクトロポレーション導入器
 
 
<たるみを改善するための美顔器機能>
 
■超音波:超音波マッサージとイオンの美容液浸透で改善
■高周波:温熱刺激で肌細胞を活発化して改善
■EMS:低周波で表情筋を鍛えて改善
■イオン導入:イオンの美容液浸透で改善
■エレクトロポレーション導入:ポレーションの美容液浸透で改善

  
顔のたるみを改善するためには、引き締めとリフトアップが効果的です。引き締めにはターンオーバー促進、むくみ改善、表情筋アップ、脂肪燃焼などがおすすめです。うるおいアップとコラーゲン生成を促進させハリをアップさせると肌のリフトアップに効果的です。自分の顔のたるみに、何がベストなのか絞ってみましょう!

顔のたるみの原因、目的に合う美顔器を選ぶ!

 たるみに効果のある美顔器を絞る!

 

 

たるみ改善に必要な効果と美顔器の機能
たるみ改善
に必要な効果
引き締めとリフトアップ
効果的な機能 コラーゲン
生成
ターンオー
バー促進 
潤い・ハリ
アップ
老廃物除去
むくみ取り
表情筋を
鍛える
脂肪燃焼
超音波
×
高周波 ×
EMS ×
イオン導入  ×  × ×
ポレーション  ×  × ×

◎最も効果が期待できる / ◯効果が期待できる / △それなりに効果が期待できる / ×全くできない

 

<たるみに効果のある おすすめ美顔器>
 
超音波美顔器・高周波美顔器・EMS・イオン導入器・エレクトロポレーション導入器
 
 
<たるみを改善するための美顔器機能>
 
■超音波:超音波マッサージとイオンの美容液浸透で改善
■高周波:温熱刺激で肌細胞を活発化して改善
■EMS:低周波で表情筋を鍛えて改善
■イオン導入:イオンの美容液浸透で改善
■エレクトロポレーション導入:ポレーションの美容液浸透で改善

  
顔のたるみを改善するためには、引き締めとリフトアップが効果的です。引き締めにはターンオーバー促進、むくみ改善、表情筋アップ、脂肪燃焼などがおすすめです。うるおいアップとコラーゲン生成を促進させハリをアップさせると肌のリフトアップに効果的です。自分の顔のたるみに、何がベストなのか絞ってみましょう!

顔のたるみの原因、目的に合う美顔器を選ぶ!